鏡を見た時や触った時に、首の辺りにポツポツとしたできものが出来ている人はいませんか?そのポツポツはイボの可能性があります。見た目も気になるし、治し方はあるのでしょうか?気になる首のポツポツの治し方をご紹介させていただきます。

首のポツポツの治し方-1.薬を塗る

薬局やドラッグストアにイボを治す外用薬を購入することができます。イボ治療薬はサリチル酸をイボに塗ることでイボを取り除く方法です。簡単に購入でき、一定の効果があるのですが、イボを完治する方法としては確実ではないでしょう。イボではない場所に塗ってしまうと、ピリピリとした刺激がでることもあります。貼るイボ治療薬も購入することができます。塗るタイプのデメリットであった塗った後に服にこすれたりして、効果が薄れてしまうことを改善されたものです。しかし、貼るタイプのデメリットは広範囲に薬剤が塗られているために、魚の目やタコではなく、イボで使用した場合健康な皮膚まで柔らかくしてしまいます。

首のポツポツの治し方-2.漢方薬を飲む

イボの治し方として古くからある方法の一つがヨクイニンを飲むことです。ヨクイニンはハトムギともいわれており、イボの治し方に使われます。ヨクイニンを含む漢方薬もいくつかありますし、ヨクイニンの錠剤やお茶もあります。自分に合った方法で体の内側からイボを治してもよいでしょう。

首のポツポツの治し方-3.皮膚科で切除

多くの皮膚科でイボの治し方は液体窒素の凍結療法を行います。液体窒素はマイナス196度という超低温で、これをイボにあてるとイボが瞬時に凍ります。イボが凍った後にイボを温めることでイボが水ぶくれとなります。何日かすると、かさぶたとなり治るのですが、数回繰り返す場合もあります。通院をする必要がありますし、イボを凍らせるときにチクッとした痛みがあります。

首のポツポツの治し方-4.化粧品やクリーム

イボの種類にもよりますが、イボは皮膚の角質が盛り上がっている状態です。首のポツポツの原因の一つが紫外線などの外的ダメージによるものです。顔に日焼け止めや化粧水を使うけれど、首元は以外と忘れがちです。長年のダメージがポツポツと洗われている可能性があります。保湿をしたり、クリームを塗ることでポツポツが改善する効果は大いにあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?首にポツポツとしたイボができると、気になって服装でも首元が開いたものは選びにくいですよね?イボの種類にもよりますが、イボは治療が遅くなると治療の跡がのこることもあります。早めのうちに治療をすることで治りも早くなります。今回ご紹介したイボの治し方を参考に、気になるイボの改善に役立ててくださいね。